癌細胞の増殖を抑える癌遺伝子治療

ナース

癌の原因

人間の身体は細胞で構成されていますが、その細胞は、普通に生活しているだけでも活性酸素などによって傷ついてしまいます。傷ついた細胞は、自己回復する力がありますが、それ異常のダメージを受けてしまうと傷ついた部分は回復できず正常な働きをしなくなります。そのようなダメージがどんどん重なっていくと、正常な細胞が癌細胞に変わり、胆のうがんや胃がんなど様々な病気を発症していまします。そのため癌を予防するためには、癌細胞を作らないような生活を送ることが重要になります。

癌遺伝子治療とは

現在の癌治療は、「手術療法」「化学療法」「放射線療法」などの治療を組み合わせる集学的治療が一般的となっています。癌の種類、患者の体質に応じた個別科医療を行なうことで、一昔前よりも生存率が高くなっています。また、癌遺伝子治療などの新しい癌治療も登場しています。癌遺伝子治療とは、癌の原因となる遺伝子異常を減らすという治療法です。2週間~3週間という早さで効果が出るのが特徴で、免疫力が低下している人にも治療ができます。

副作用がほとんどない

従来の癌治療は、治療自体に苦痛や副作用を感じるものがほとんどでした。しかし癌遺伝子治療は、治療自体による苦痛や副作用は伴いません。その理由は、元々体内にある癌抑制遺伝子を、ベクターに入れて点滴などで体内に投与する治療だからです。基本的に通常の生活をしながら、通院で治療ができます。人によっては、微熱や悪寒などの副作用の症状を感じる場合がありますが、重篤な副作用の報告はないので、安心して治療できるでしょう。

[PR]

胆のうがんを改善する。
病気を無かったことに♪

広告募集中