癌遺伝子治療にかかる費用|末期癌への有効性も認められている最先端の癌遺伝治療

癌遺伝子治療にかかる費用

病院

三大療法の費用

癌治療を行なう時は、費用を把握しておくことが大切です。まずは三大療法の「手術」「化学療法」「放射線治療」の費用を見てみましょう。

手術の場合

手術は、癌になった部分をその周辺を取り除くという治療法です。癌が小さく、転移をしない段階での手術は、簡単で非常に効果的です。手術と一言で言っても、様々な術式があり、その術式によって費用は異なります。胃粘膜の手術は、30万円程度で済みますが、胃の一部を切除するような大掛かりな手術になると100万円以上かかります。

化学療法の場合

手術で取りきれなかった小さい癌、手術後の再発防止として化学療法は行なわれます。癌になった部分だけを処置する手術と違って、化学療法は全身に効果があるのが特徴です。投薬する期間と休止する期間のサイクルを決めて、それを繰り返して治療を進めていきます。この1つのサイクルにかかる費用は、100万円程度です。

放射線治療の場合

放射線治療とは、癌に放射線を照射して破壊するという治療法です。手術のような根治療法としての効果もありますし、再発予防としても活用されています。放射線治療にも色々な方法があり、その方法によって費用も変わります。保険適用内の定位放射線照射の費用は、60万円程度ですが、保険適用外の重粒子線治療や腸子線治療などの費用は200万円~300万円となります。

癌遺伝子治療の場合

癌遺伝子治療は、最先端の癌治療となるので、保険適用外となります。費用の相場は、基本手技料や検査料、治療費など合わせて250万円程度となります。癌遺伝子治療以外にも、免疫細胞療法のような癌治療も保険適用外となるので、180万円~250万円程度はかかります。

治療によって幅がある

このように癌治療によって、費用は大きく異なります。場合によっては、経済的に大きな負担がかかるかもしれません。治療をスムーズに進めるためにも、費用のことはしっかり把握しておきましょう。

広告募集中