癌遺伝子治療の流れ|末期癌への有効性も認められている最先端の癌遺伝治療

新しい癌治療の実力

新しい癌治療として注目されている癌遺伝子治療。実際に治療を受けた人はどのように感じているのでしょうか。

患者の声

末期癌に効果が出ました。

末期癌と診断され、絶望の淵に立たされていた私を救ってくれたのが、癌遺伝子治療でした。藁にもすがる思いで癌遺伝子治療と抗癌剤治療の併用を行なったところ、後日医師から「腫瘍が小さくなっている」と言われました。もう私の人生に未来はないと思っていたのですが、そのことを聞いて、生きる希望が湧いてきました。

手術をしないで済みました。

私は乳癌の治療で癌遺伝子治療を行ないました。月1回のペースで治療を受け続けていましたが、段々胸にあったしこりは小さくなっていき、変形していた乳房も左右均等に戻りました。手術をすることなく乳癌を克服できたので本当良かったです。

癌遺伝子治療の流れ

ドクター

治療の流れ

クリニックによって癌遺伝子治療の流れは異なりますが、まずはカウンセリングを受けるのが一般的です。カウンセリングの際に、今の治療に対する悩みを相談したり、癌遺伝子治療の説明を受けたりします。説明を受けて、治療を希望した場合は、治療計画を立てて検査を行ないます。1回90分の点滴治療を6回行なうのが1クールとなります。1クール終了後に効果判定をして、治療を継続すると決めたら、2クール目に入ります。癌遺伝子治療は、予防として活用することもできます。

幅広い癌や進行度に対応している

癌遺伝子治療は、幅広い癌の種類や進行度に対応しているという特徴があります。初期段階から、末期の方まで治療が受けられます。実際に末期癌を患っていた方が、癌遺伝子治療を始めて、良い効果が現れたという例もあります。対応している癌は「大腸癌」「胃癌」「食道癌」「胆道癌」「肺癌」など様々あります。転移癌にも治療可能です。さらに、他治療と併用することで、相乗効果があることもわかっています。治療効果を高めるだけではなく、抗癌剤の投与量や放射線の照射量を減らし、副作用を軽減できるというメリットもあります。

注意点はあるのか

メリットが多い癌遺伝子治療ですが、注意すべき点もあります。それは手術と比較すると、即効性は低いことです。ある程度まで大きくなった癌を急激に小さくするほどの効果はないので、適応している場合は、手術で癌を取り除いたほうが最善の時もあります。ただ、手術で取り残した場合や、微小な癌に対しては高い効果を発揮します。そのため再発や転移の予防としてはとても有効活用できる治療法です。

広告募集中